スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離乳食 育児を楽しく

母乳やミルクを与えている時に幸せ感を感じる人もいれば、そうじゃない人もいます。個人差があったり、環境の差があったりで、決して最初に思い描いていた理想の育児なんてなかなか出来ないものです。そんなこんなで思い悩んでいるうち、すぐに離乳食の時期がやってきます。

離乳食をはじめる時期は、個人差があります。だいたい生後4~6ヶ月が目安です。
離乳食の終了の時期にも同様に個人差がありますが、12~15ヶ月くらいで離乳食を卒業することが一番多いでしょう。

ただ単に離乳食と言っても、赤ちゃんの顎の発達の仕方によって食べさせられる物の硬さは様々です。
最初からいきなり離乳食だけを与えるのではなく、まず母乳やミルクに少しずつ加える形ではじめていきます。
硬さの感じとしては、はじめはドロドロ状で飲み込んでも大丈夫なくらいから。それから少しずつ硬くしていきます。
徐々に固めにしていくと、だいたい12~15ヶ月くらいで普通のご飯が食べられるようになってくる感じです。
離乳食のレシピを公開しているサイトや本がたくさんあります。どんな離乳食を作るのがいいのか悩んでしまう方はどんどん参考にしてみましょう。
はちみつは満1歳まであげてはいけないとか、油はどんなものをどれくらいから使い始めるほうが良いとか、離乳食で気をつけたいことがたくさんあります。まずははじめる前にサイトや本などで情報を集める方がいいかもしれません。

毎日毎日、離乳食のことを考えることになります。
大人のように、今日は外食にしようとか、今晩は店屋物にして楽しようとかができません。
がんばって、がんばって、へとへとになってしまうママも多いでしょう。
そんな時は、ベビーフードを上手に利用しましょう。
手作りにこだわりたい気持ちはわかりますが、ママが疲れてイライラしてしまうと赤ちゃんにもその気持ちが伝わってしまいます。そしてなによりママ自身の心と体の健康はとても大事なものです。ついつい、自分も周りも赤ちゃんだけが、赤ちゃんこそが中心であるかのように考えがちです。でも赤ちゃんにとっては、ママ自身もかけがえのない人であることに違いないのです。ベビーフードもとてもよく出来たものがたくさんあります。どんどん利用したいものです。
離乳食を作るにしても思い切って離乳食用の調理器具を購入して、なるべく手間を省くなど、ママ自身も大事にして赤ちゃんもママも幸せな育児にしたいですね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ごうたっち

Author:ごうたっち
育児は不安で大変、でもちょっぴり初心者から卒業したかな

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。