スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児休業をとりましょう

日本では育児といえばまだまだ女性がするものという意識が強いようです。最近、男性の育児参加が結構マスコミなどでも取り上げられたりしますが、現状はどうでしょうか?
日本の育児事情をあらわす象徴的な数字があります。

日本の育児休業については以下のように定められています。
・性別を問わずに取得できる
・期間は子どもが一歳になるまで(場合によっては半年間延長可能)
・一人の子どもに一回まで
・公務員の場合は子どもが3歳になるまでの間の期間

ところが、2008年に厚生労働省から発表された、日本で育児休業を取得している男性社員の割合(女性は89.7%)は、1.56%です。
前回発表されたデータ(2005年度、0.5%)からみれば3倍にはなっているとはいえ、「子ども子育て応援プラン」で策定された2014年までに男性10%(女性は80%)という目標を達成するには、もう少し取得を後押しする政策がぜったいに必要だと言えます。

先ほどの厚生労働省のアンケートによりますと、育児休業を取りたいと思っている働く男性は、
31.8%に上るんです。
結局は、
・ほとんどの男性社員が利用していない
・仕事が大変で休むわけにはいかない
・給与が減ってしまう
・夫婦一緒に育児休業を取得することができない
などなど、実際の取得を邪魔してしまう事柄をクリアするにはまだまだ時間がかかるようです。

また日本では、育児休業の給付は休業開始時のたったの30%の金額ですが、コペンハーゲンなどは、全額支給という形で子育てを応援・援助しています。
また、男性の育児休業取得を推進していて、様々な政策の結果、2005年度のコペンハーゲン市男性職員の育児休業取得率は55%に上っています。
日本でも、結局は政策が大事ではないでしょうか。本気で育児を、子育てを応援しようとする国の方針がなかなか見えてこないのが残念です。
日本でも、取得したいと思った男性だけでも気軽に育児休業を取得できるような環境に早くなって欲しいと思います。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ごうたっち

Author:ごうたっち
育児は不安で大変、でもちょっぴり初心者から卒業したかな

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。