スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児にとって母乳とは

ここでは、母乳の良さを考えます。
母乳がたくさん出る人はとても幸せですよね。出したくても出せない人もたくさんいます。育児にとって授乳はとても大事なことなので大切に考えたいです。ただ母乳が出なくても、母乳に勝るいろんな補い方もたくさんありますので、ゆったり考えましょう。

母乳は、栄養面、免疫面、顎の発達、母子のコミュニケーションにおいてなどなど赤ちゃんにとってとてもよいものとされています。またそれだけではなく、お母さんにとっても環境にとってもよいものなのです。
例えば、母乳育児をしていた母親は乳がんや卵巣がん、骨粗しょう症のリスクまでも少なくなるというデータがあります。
また、粉ミルクを使わないことはゴミを減らすことにもつながりますよね。赤ちゃんがおなかが空いた時に待ったなし、準備なしですぐに与えることができるということも大きな利点です。
しかも、授乳によって脂肪が落ちるらしいので、そのまま意識せずにダイエット効果も得られるんですよ!

ところで、そもそも母乳って何と聞かれて、それはこんなものって答えられる方も少ないのではないでしょうか。育児にとても熱心な母親さんなら知っているかもしれませんが、実は、その原料は「血液」なのです。
血液が乳腺で乳汁へと作りかえられているんです。
最初に原料が血液だと知った時、「なんで赤くないんだろう」と不思議に思いました。
これは、赤い色の赤血球は取りこまれず白色の白血球や血液中の栄養分などが取りこまれるためなのだそうです。
母乳が赤いというのは、・・・どうもですよね。
母乳の中には、ビタミンとミネラル、たんぱく質や脂肪など100以上もの栄養分が含まれています。
いい栄養分を作れるように、母体はいいものを食べましょう。

とはいっても、いいものを食べようと思うことがプレッシャーになり、ストレスになり、では逆効果です。好きなものを食べて、精神的に充実しているほうが、赤ちゃんにもいいに決まっています。
ともかく、生命の不思議に感心しつつ楽しく出来れば一番良いですよね。

でも、不安や自信のなさはみんな持っていることも忘れずに!

最初は母乳育児への不安も多いでしょうが、母乳育児をしている人のブログや応援サイトもたくさんあります。情報を集めながら楽しく子育てをしたいですね。
スポンサーサイト
プロフィール

ごうたっち

Author:ごうたっち
育児は不安で大変、でもちょっぴり初心者から卒業したかな

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。